しみそばかすを消す・作らない美白方法

出来てしまったシミやそばかすを最速でケアしたい!シミやそばかすを作りたくない!という方のための美容事典

美白

曇りや雨の日も紫外線にはご用心

投稿日:2017年6月1日 更新日:

春から夏にかけてふりそそぐ紫外線量がピークを迎える、とはよく聞く話ですね。

では、曇りの日はどうでしょうか?

曇っているから、ということで ちょっとそこのコンビニまですっぴんで、ということをやってしまいがちですよね。

でも、実は曇りの日でも 30~40パーセントの紫外線量が出ていると言われています。

ですので 無防備な状態で外に出たりすると しっかりとお肌に紫外線を浴びてしまうことになります。

曇りだし、すぐそこまでだから、という時でも 最低でも日傘や帽子などのUVケアグッズは使うようにしましょう。

でも さすがに雨の日は大丈夫でしょう?

そんな声も聞こえてきそうです。

実は雨の日でも紫外線量はゼロではありません。

とはいっても雨の時は 晴れの時と比べると紫外線量は10パーセント程度と言われていますし、外出時には傘をさすことになりますので 曇りの日に比べれば かなりリスクは低いと考えてよいでしょう。

もちろん 1割程度の紫外線量でも 積み重なればメラニン色素ができるもとになってゆきます。

それは困るわ!ということでしたら 弱めのSPF値のものでかまいませんので 日焼け止め乳液を毎日使うなどの工夫が必要です。

 

そこまでしなくても!と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、シミは予防を徹底して作らない、というのに越したことはありません。

一度できてしまうと シミ用クリームなどでのケアも最低1か月以上は見ないといけません。

ですので 予防を徹底するよう心がけましょう。

 

-美白
-, , , ,

執筆者:

関連記事

日焼け止めだけでは紫外線対策は不十分?

シミやそばかす対策は できる前から予防するのが一番の対策と言われています。 確かにそうですよね。 できてしまってからのケアは 時間もかかりますし、何かと大変。 ですので できないように紫外線をブロック …

男性も日焼け止めの活用を

シミをつくりたくない女性にとって 日焼け止めを一年中活用することはもはや常識ですが、男性の場合そうでもないケースが多いようです。 男性は女性に比べてシミがあまりできないということはありません。 同じ条 …

シミやそばかすは色白の人ほどできやすい?

しみやそばかすって 色白の人ほどできやすいという説がありますよね。 これって、どうやら本当らしいのです。 お肌って 紫外線に反応してメラニン色素ができてしまうのですが、このイヤ~な仕組みって お肌の内 …

お肌の摩擦がシミやそばかすを濃くする

紫外線対策をしているのに シミやそばかすが濃くなっている、黒ずんできている、という方は お肌の摩擦が原因かもしれません。 お肌の摩擦? 私は お肌をゴシゴシしていないわ!という方でも 知らないうちに …

合わない化粧品がシミをつくる?

美しく健康的なお肌を手に入れるためのスキンケア製品、それがシミの原因となることも。 お化粧品には さまざまな成分や添加物が配合されています。 何かがお肌に合わないだけで お肌には かゆみや赤みといった …